オメガ3系がめちゃくちゃ手軽に摂れる!さばキムとはなんぞや?

こんにちは、Licoです。

お子さんが小さいうちは、好きなメニューといえば
からあげやハンバーグ、カレーという感じですよね。

  • からあげの揚げ油
  • ハンバーグの肉脂
  • カレールーの植物油脂

すべての料理に共通しているのは、
オメガ6系の油脂が多く含まれていること。

オメガ6系はそれ自体が悪いということではありません。

血液を固まりやすくしてくれたりしてくれる
有り難い存在なのですが。


オメガ3系とバランスよく摂る必要があるんです。

Sponsored Link



日本の食卓はオメガ3系が不足気味


オメガ3系は、必須脂肪酸のなかでも、
必要量に対して一番摂取量が少ないとされています。

【オメガ3系を多く含む食材】

  • 青魚
  • クルミ
  • 緑黄色野菜
  • 海藻
  • 豆類
  • 亜麻仁油



オメガ3系が入っている食品、
あなたの食卓にいつものぼりますか?

結構厳しい、というお宅多いのではないでしょうか。

こイカさんのように釣りが趣味でもないかぎり、
現代日本の食卓にはオメガ3系が不足しています。

かく言う私も以前は子供が好きそうな
料理ばかり作っていました。

でも、このままでは子供たちの発育によくない!

と一念発起。

なるべくオメガ3系を食卓に取り入れるようにしたんです。


といっても、私はこイカさんと違って、
料理が苦手。。。

なるべく手軽に、究極にいえばズボラにオメガ3を摂りたい!

ということで、試行錯誤を繰り返しました。

最初は生臭かったり、面倒だったり!
ちっとも上手くいかなかくて、
もういいやん!と投げ出しそうになったんですが。


3年が経った今、めっちゃくちゃ手軽に
オメガ3系をほぼ毎日摂れる食卓に
生まれ変わらせることができたんです。

もちろん、サプリで簡単に、
なんてことではありませんよ。

オメガ3系は、ちゃんと食事で摂取できます。

元医師の立場から言わせてもらうと、
私はサプリ摂取には反対です。


身体に良いことをしているつもりの、
サプリメント摂取ですが。

本当に身体に良く作用しているのか、
甚だ疑問だからです。

サプリについてはまた長くなりますので、
またの機会に。

大公開!手間なく簡単に摂れるオメガ3系


それではいよいよまぜるだけ、
和えるだけ、かけるだけ
でいい!

ズボラ主婦のLicoがおすすめする
手軽にとれるオメガ3レシピ、大公開です。

くるみ


夏バテレシピのところでも紹介しましたが、
くるみはとても簡単に摂れて、栄養豊富な木の実です。

⇒ 冷やしそうめんやざるそばなど、麺だけでは栄養価バツ!ちょい足しレシピで夏バテ知らずの身体作り

こちらでは手で軽くひねってパラパラと
麺類にかける、という方法をご紹介しました。


今回はさらに進んで、プロセッサーなどで
くるみを粉状にしてなんにでもかけてみる
という食べ方をおすすめします。


くるみに含まれるオメガ3は、
より細かくしたほうが吸収率が上がるからなんです。

ざるそばを甘めのくるみのタレで食べる、
という名物が上田にありますが。

あれもとっても利にかなったメニューですね。


私は料理が甘いの苦手なので、
普通のつゆにくるみ粉を入れて食べてます。

コクがでて、香ばしくて、おすすめですよ~♫

インカインチオイル


南雲先生が冷蔵庫に常備していることでも
話題のインカインチオイル。

インカインチオイル

インカインチオイルがオイルのなかで
一番だと思うのは、ビタミンEが豊富だから。

オメガ3は体内に入ると酸化しやすい性質を
もっているので、ビタミンEを大量に消費します。


その点、インカインチオイルはオメガ3も
ビタミンEも含んでいいるのので、
とても都合がいいんです。

インカインチオイルはオーガニックのものが
おススメですが、お値段がはるのが痛いところです ;


インカインチオイルに限らず、亜麻仁油や
えごま油の苦味や独特の青臭い匂いが苦手
という方多いですよね。

サラダとかの冷たいものにかけると、
人の味覚は苦味や匂いを拾ってしまいがち。


お味噌汁やラーメンなど、熱い汁ものにかけると、
そこまで匂いが気にならずにすみますよ。

インカインチオイルは加熱に強いのも、
料理をする人には強い味方だと思います。

私はかけるだけ~♫ですけどw

Sponsored Link



サバの水煮缶


サバの水煮って、マッシュルーム缶や
うずらの缶詰みたいに、ただ水で煮ただけのもの、
だと長年勘違いしていた私。

損してました~!(T∇T)


塩味なんですよね、しかもきわめて薄味。

だからどんなアレンジにも対応できちゃう
優れものなんです。

  • トマトと一緒に煮込めばアクアパッツァ
  • 卵でとじればご飯のおとも
  • にんにくとオリーブオイルでアヒージョ

でも、ズボラ主婦Licoは、そんな面倒、
一切いたしません。

簡単、キムチと和えるだけ!

さばキムチ


略して、さばキム

これこそ、一番オススメしたいレシピなんです。

本当に、

  1. サバ缶をお皿にあける
  2. 横にキムチをそえる

それだけ!の簡単なものなんです。

今回は頑張って(?)ゴマを散らして
ネギを刻んでみましたが。


トッピングはなくてもOKです。

これ、本当に優れものなんですよ。

いろいろ優れた利点があるんですが、
おもに2つご紹介しますね。

  1. 利点・1 サバのオメガ3系と、キムチの乳酸菌が一緒に摂れる!

オメガ3と一緒に摂りたい栄養素のひとつに、
乳酸菌があります。


さばキムは、その2つが同時に摂れちゃう、
優れものなんですね。

ちなみに、うちの子供は辛いの大好きなんで
そのまま和えるだけなんですが。

子供がお友達と一緒に食べたりするときは
辛いのが苦手な子もいるので、一応気を使って。


キムチを一度軽く水洗いして、
水気を切ってから和えています。

それでも白菜の乳酸菌は十分とれますからね。

もし味が薄いと感じたら、トッピングで
マヨネーズをどうぞ!


  1. 利点・2 サバの生臭みが、消えた!

サバの水煮缶で、苦手な人は
苦手だろうなぁ、と思うことが1つ。

それは、食べたあとのなんとも言えない
魚特有の生臭さです。


特に私たちビールフリークは、
魚を食べたあとに飲むビール、
キツイと感じることありますよね。

それが、さばキムにすると払拭!

キムチの辛味で緩和されて、
生臭さを感じない一品に
なるんです。

すっごくビールと相性がよくなるので、
ぜひ一度、さばキム、お試しあれ。

まとめ


今回は、手軽に摂れるオメガ3系を
テーマにお届けしました。

  • くるみ
  • インカインチオイル
  • さばキム

どれもかけるだけ、和えるだけの
料理ともいえないほどの簡単レシピです。

どうか簡単に食卓にのぼらせることで、
あなたとあなたの大事なお子さんたちの
身体が健やかに保てますように。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ