冷やしそうめんやざるそばなど、麺だけでは栄養価バツ!ちょい足しレシピで夏バテ知らずの身体作り

Sponsored Link


夏休みで一番困るのが、
子供たちのお昼ご飯の献立ですよね。

うちの親世代も夫婦二人だけだし、
軽くすませがちだと言います。

もう暑いしキツイし、
うちでは「そうめんだけで済ませちゃおう!」
とついついなっちゃいがちなんですが。

そうめんに限らず、ざるそばやうどんだけ、
パスタだけ、などお昼ご飯って
ついつい単品の麺類になりがちですよね。

これが子供ならず大人にも、
身体にかなりな悪影響なんです。(T∇T)

Sponsored Link



そうめん「だけ」がダメな理由


多くの麺類の栄養素は、
炭水化物と塩分それだけです。

パスタをのぞけば油脂が入っていない分、
ヘルシーなイメージがありますが、
これが大きな間違い。

じつは炭水化物「だけ」の食事って
デブのもと



なぜかって?

身体はたくさん炭水化物が余ってる!
と判断すると。。。

体脂肪組織に取り込んで、
脂肪に変換して、貯蔵
しちゃうからなんです。


おそろし~!( ̄∀ ̄; )!!


しかも必要な栄養素が摂れないと、
お子さんにとっては身体を作る材料がないばかりか。

大人にとっては夏バテの原因にもなってしまいます。


麺類を食べる際には、
麺だけではなく、良質の油脂、食物繊維と
たんぱく質を一緒に摂るようにしましょう。


  • 良質の油脂…ナッツ類
  • 食物繊維…野菜、海草類
  • たんぱく質…たまご、肉魚、豆類


でも、わざわざ別料理作るなんて
面倒なこと、私はしません。

だってズボラ主婦だもん ( ´艸 `*)

そこで今回は、冷やしそうめんにちょこっと
足すだけで、理想的な栄養価になるレシピを
ご紹介しちゃいますよ~!

Sponsored Link



冷やしそうめんにちょい足しレシピで理想的な栄養価に


それでは冷やしそうめんいちょこっと足すだけで、
理想的な栄養価にしてくれる
レシピをご紹介していきましょう!

大丈夫、どれもびっくりするほど簡単です。

ちょっと切るだけとか、
手でつぶすだけ!

なかには入れるだけ!
なお手軽レシピばかりですよ~!


超お手軽!ナッツ類


まずは栄養価豊富なナッツ類のご紹介です。

くるみ


イチ押しは、オメガ3系のαリノレン酸が
70%も含まれているくるみ

無塩で炒ったものがドラッグストアなどで
簡単に手に入りますよね。

手でねじって、パラパラそうめんにふりかけるだけで、
なんだかおシャンティーに見えるから不思議です。

くるみの一日の適切摂取量は、
【片手に乗るくらい】といわれていますから、
お子さんの手のひらで量ってみるといいですね。

くるみをそのまま食べると苦味が苦手、
といううちの子も、こうして食べさせると
食感が楽しく麺つゆの甘味も手伝って残さず食べてくれます。

ねりごま


チューブのごまペーストを麺つゆに入れて
かきまぜるだけ!のお手軽ちょい足しです。

ゴマは子供にも積極的に摂らせたい
栄養素ですよね。

麺つゆに足すだけでグンと
味がまろやかになるのも嬉しい利点です。


意外と簡単!乾物類


食物繊維を摂るために常備したいのは、乾物です。

乾物と聞くとなんだか扱いが難しそう、
下ごしらえが面倒そう、となにかと
とっつきにくいイメージがあると思いますが。

まさに食物繊維の宝庫!


しかも一度準備したら
けっこう日持ちしてくれる有り難さ♫

ズボラ者こそ乾物を使え

ということわざは、さすがにないですがw


ズボラにぴったりな食材なんですよ。

海藻類


まずは、海苔!

刻み海苔は乗せるだけでいいので、
トッピングには欠かせないですね。

飽きたら気分を変えて焼き海苔はさっとあぶって、
手でもみもみ。

味付け海苔はキッチンばさみできるだけで
立派な味付けにもなります。


乾燥わかめや、天草やトサカなどを入れた
海草サラダなどの乾燥海草は、
5分ほど水で戻して水気を手で絞るだけ!

めんつゆが海草のクセを消してくれて、
これなら食べてくれる子も多いですよ。


また、乾物ではありませんが、
うちはもずくやめかぶのパック商品が便利で、
いつも冷蔵庫にストックしています。

めんつゆに入れるとトロトロするので、
食欲がわかない猛暑でもつるっと入ってくれるんですよ。

ただ、最近はお酢がパック内に入っているものも
あるので、めんつゆに入れるときは味付けなしの
ものを選ぶようにしてくださいね。


海草は、日本人が消化酵素を持っている
素晴らしいミネラル源です。

なのに昨今消費量が減っているのは、
さびしい限りですよね。

ぜひお子さんの成長のためにも、
大人の夏バテ防止のためにも、
積極的に摂っていきましょう。


タンパク質


意外と忘れがちなのが、
昼食にタンパク質を摂ることです。

1日、2日であれば夕食にタンパク質をとっているから、
と1日の栄養バランスで考えればいいことですが。

小さい子供にとってたんぱく質の摂取は、
良い筋肉、良い肌を作るために欠かせません。

面倒な調理はほとんど必要ないものばかり
紹介しますから、サプリやエナジー飲料を
買ってあげるお金で、ぜひタンパク質を与えてあげましょう。

サバの水煮缶


私も最近知ったのですが、
ほかの水煮缶と違って、サバの水煮缶には、
うっすらと塩味がついています。

そのため、生臭さが抑えられているんですね。

それでもニオイが気になるお子さんには、
シーチキンもいいですね、
ノンオイルタイプがおすすめです。

めんつゆにそのまま入れて、
ほぐしてそうめんと一緒にいただきましょう。

そばにもうどんにもよく合いますよ。


温泉卵



卵料理全般いいのですが、
麺に合うとなればダントツで温玉ですよね。

温泉卵は専用の温泉卵メーカーが
あるくらい、温度管理が難しいのですが。

100均で売っている温泉卵つくり器を使えば、
生卵をレンジでチン!しただけでこのクオリティになります。

100均の温泉たまご器で作る温泉卵のクオリティがすごい
【温泉卵のかんたんレシピ】

  1. 100均の温泉卵つくり器に卵を割りいれる
  2. 黄身につまようじで4、5箇所穴を開ける
  3. 卵がかぶるくらい、お水をしずかに注ぐ
  4. レンジでチン(500W50秒)



これが商品の袋に書かれているレシピですが、
うちの電子レンジでは50秒だとまだ黄身が
固まってくれず、白身に色がついた程度です。

入れる水の温度によっても全然出来上がりが
違ってくるので、最初は短めにしておいて、
あとは10秒づつ様子を見るのがいいかもしれません。



卵はコレステロールが高いから、
食べないようにしてるの!

という方、よほど摂りすぎない限り、
卵のコレステロールは気にする必要がない、
というのがもはや常識になりつつありますが。

それを書き始めると長くなるので。。。

卵以外では、納豆や、ミックスビーンズ
のパックがお手軽で便利ですよ。

意外に冷やしそうめんに合うミックスビーンズ
お豆さんって、意外と冷やしそうめんとの
相性がいいんです。

大豆だけじゃなく、カラフルだったり、
いろんな歯ごたえがあると、
子供は面白がって食べてくれますよ。

まとめ


今回は、ついつい栄養価が炭水化物に
偏りがちになる昼食に、ちょい足しで
栄養価を補える食品をご紹介しました。


これから頭と身体を作っていかなければならない、
大切なお子さんのために。

おじいちゃま、おばあちゃまには、
手軽にできる夏バテ予防に。

ぜひともお昼ごはんに、3つの栄養素。

  • 良い脂質
  • 食物繊維
  • たんぱく質


簡単手軽に取り入れてみてくださいね。


ご紹介した食材を一覧にしてみます。

  • くるみ
  • ねりごま
  • 海苔
  • 乾燥わかめ
  • サバの水煮缶
  • シーチキン
  • 温泉卵
  • 納豆
  • ミックスビーンズ

どれもちゃちゃっとちょい足しできて便利、
調理の手間も最大かかって1分足らず
レンチンする温泉卵くらいです。

なのに栄養価は高く、どれも悪い油脂を含まない、
というすぐれものです。


しかも保存のきくものばかりなので、
我が家では災害時用の非常食も兼ねて
多めにストックしています。

あなたもぜひ、明日の昼食から気軽に
取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ