突然の訃報に慌てない!お香典の相場と香典袋の選び方を葬祭ディレクターがわかりやすくご紹介

急に葬儀があると、頭が痛いのが
香典の相場ではないでしょうか?

また、香典袋の書き方や、
種類もたくさんあって悩んでしまいますよね。

表書きのほかにも、中袋などがあって、
分からないことだらけ!


そこで、葬祭ディレクターの立場から、
香典の相場や、袋の選び方、
お金の入れ方まで詳しくまとめてみました。

Sponsored Link


香典の相場ってどのくらいなの?


香典の相場には、地区によってかなり
バラつきがありますが、年代別の
平均的な相場
はつぎのとおりです。

20代


  • 両親=3~10万円
  • 兄弟姉妹=3~5万円
  • 祖父母=1万円
  • おじおば=1万円
  • 知人=5千円

30代


  • 両親=5~10万円
  • 兄弟姉妹=5万円
  • 祖父母=1~3万円
  • おじおば=1~3万円
  • 会社関係=0.5~1万円
  • 知人=0.5~1万円

40代以降


  • 両親=5~10万円
  • 兄弟姉妹=5万円
  • 祖父母=3~5万円
  • おじおば=1~3万円
  • 会社関係=1万円
  • 知人=0.5~1万円

このように、金額は血縁関係が濃いほど高額になり、
送り主の年齢によっても違ってきます。

また、金額は3千円、5千円、
1万円、5万円、10万円の奇数で始まる場合が多く、
4(死)や9(苦)は避けます。

偶数も割り切れる数字なので、
故人とこの世のつながりが切れる
と言う意味で使いません。

香典のだいたいの相場が分かったところで、
香典袋の選び方をみていきましょう。

Sponsored Link


これでもう迷わない!香典袋の選び方


香典袋には水引が印刷されたものや
豪華な水引のもの等たくさん種類がありますよね。

宗教、宗派に合ったものを選びましょう。

絵柄で選ぶ


  • 仏式 … 蓮の花
  • キリスト教 … 百合や十字架


香典の金額で選ぶ


  • 水引が印刷のみ … 5千円前後
  • 水引が7本から10本束 … 1~3万円
  • 水引が10本以上束 … 3~5万円
  • 高級和紙の素材で水引もデザインも凝った物 … 10万以上

  • 香典の相場とは?香典袋のクオリティにも気を遣いましょう。水引が印刷のものは、5千円前後の香典に使います
    また、黄白の水引の香典袋もあり、
    関西でよく使われるようです。

    黄白の水引は、一見晴れやかな印象を受けるので、
    葬儀にには場違いでは?

    と思われがちですが、昔からの風習なので
    間違いではありません。

    葬儀よりは、法事の際に多く使われます。


    このように、宗派と入れる香典額によって、
    香典袋の種類を決めましょう。

    つぎの章では、香典袋の表書きの
    書き方についてみていきます。

    Sponsored Link


    香典袋の表書きの書き方


    1. 無宗教や宗教がわからない場合

    • 白無地の袋
    • 白黒の水引
    • 表書き … 御霊前

    基本的に、浄土真宗以外のどの宗教でも使えます。

    1. 仏式の場合

    • 白無地や蓮の絵や透かしの袋
    • 白黒や双銀の結び切りの水引
    • 表書き … 御霊前・御香典・御香料

    浄土真宗では、「御霊前」は四十九日前までで、
    それ以降(四十九日、新盆、一周期等)は「御佛前」「御仏前」と記入します。

    ちなみに浄土真宗のお念仏は「南無阿弥陀仏」です。
    仏教にお詳しくない方は、これで区別しましょう。

    1. 神式

    • 白無地の袋
    • 白黒や双銀の結び切りの水引
    • 表書き … 御玉串料・御霊前

    葬式後の法事として、五十祭や式念祭がありますが、
    その場合も同じ書き方で問題ありません。

    1. キリスト教

    • 白無地や十字架、百合が印刷された袋
    • 白黒や双銀の結び切りの水引
    • 表書き … 御花料


    表書きはどこに?連名の場合はどう書いたらいいの?


    表書きは宗教に関わらず水引の上に、
    送り主の名前は水引の下に書きます。

    連名の場合は右側に目上の方を書きます。

    連名は、3名までにしましょう。

    薄墨の筆ペンを使います。

    薄墨には涙が墨で薄くなるという意味があります。

    筆ペンが用意できない場合は、
    サインペンでも大丈夫ですが、
    ボールペンはやめましょう。


    筆ペンはコンビニでも入手できますが、
    どうしても用意できない場合は、
    葬儀場で事務所にも用意があります。

    記帳所に並ぶ前に事務所によって
    貸してもらいましょう。


    記帳所の筆ペンを借りて、
    香典袋の表書きを書かないようにしましょう。

    中袋の書き方は?中袋がない場合の住所や金額は、書くのがマナー


    中袋(中包み)がある場合


    表面の中央に金額を書き、
    裏面に送り主の住所氏名を縦書きで記入します。

    数字は旧字体の漢数字を使います。
    〈例〉金参萬圓也、金五萬圓也


    中に入れたお金の金額は、
    中包みの表面に書く場合と、裏側に書く場合があります。

    どちらでも構いません。

    中袋(中包み)なしの場合


    裏面の下段に、送り主の住所と
    金額を、縦書きで記入
    します。

    欄があるわけでもないのに、
    金額を書くのはなんとなく気がひけますが。

    喪主様はたくさんの香典袋を開封しなければなりません。

    ミスを防ぐ目的でも、
    明記しておくのがマナーです。

    お香典のお金の包み方(入れ方)、マナーは?


    • 新札は、まるで予期していたようなので、避けます

    • 新札しかない場合は一度折り目を付けて下さい。
      逆に汚れたお札やしわしわのお札は失礼になるのでやめましょう。

    • お札の人物が載っていない裏面を前にして袋に入れます

    • 袋からお金を出した時に、お札の顔が見えない方が良いとされているためです。
      2枚以上入れる場合は、向きを揃えます。

    • 香典袋をかぶせる順番に気をつけましょう

    • まず、中包みを紙の中央に置き、左、右の順にかぶせた後、
      最後に上側を下側にかぶせます

    • ふくさを使いましょう

    • ふくさの色は紺、緑、紫、グレー等の寒色系を使います。

      最近スーツのポケットから香典袋を
      むき出しのまま入れていたり、
      買った時のビニール袋を利用する人が多くなってきました。

      冠婚葬祭でふくさを使うのは、大人のマナーの第一歩です。
      折ったり汚したりしないように、ふくさに包んで持参しましょう。

      紫色のふくさを1つ用意しておけば、
      慶弔どちらにも使えて安心です。


    ふくさの包み方は?


    1. ふくさを◇形に置き、次に真ん中に香典を置きます
    2. 右、下、上の順番で被せます
    3. 最後に左側からぐるりと巻き込んで出来上がり


    最近では、香典を入れるだけの、袋タイプの
    ふくさもあるので、そちらを使用しても構いません。

    どうしても、ふくさが用意できない場合は?


    黒、白、グレーの地味なハンカチで代用できます。

    さいごに


    香典や金額の相場をご紹介しましたが、
    地域によっても大きく違います。

    事前に同席者と打ち合わせしておくとよいでしょう。

    気を付けなければならないのは、
    書いた金額と実際の中身が間違っていないこと、
    文字は丁寧に書くことです。

    お香典のマナーを守って、
    故人を安らかにお送りしてあげましょう。

    Sponsored Link


    この記事を読んだ方は、こちらのお葬式のマナーも読まれています。
    ⇒ 葬式のマナー いざという時に恥をかかない作法とは?葬祭ディレクターがどこよりも詳しく

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ