冬のエギングのテクニックは?
寒気にアオリイカを釣るには?

エギング行っても冬の寒い時期って全然釣れない!
と嘆いているあなた。

Sponsored Link

それは違います。
ちなみに、私の2日前の釣行です。

エギング 冬 テクニック

1時間弱でこれだけ。

げへへ。
でもこれ自慢するつもりでもなんでもなくって。

ちょっとテクニックを覚えて実践してみれば、
あなたもこのくらい釣れちゃうかもですよ、
ってこと言いたかったんです。

それじゃ早速冬のエギングテクニック、
私なりに実践してる方法を紹介していきますね!

アオリイカの一生ってこんなかんじ

冬のエギングテクニックを確立させるには、
アオリイカがどんな一生を過ごすイカなのか?
ということがとても大切になってきます。

そこでまずは四季別にアオリイカが
成長していく過程をみていきましょう。

  • 春~夏
  • 産卵の時期です。
    産卵のために海岸近くの藻場や岩場に接岸してきます。

    産卵を終えるとその一生を終える一年魚(イカ?)です。

    20日ほどで孵化した幼体は、浅場で群れとなり、
    小魚や甲殻類をエサとして育ちます。

  • 数センチだった幼体が20センチほどに成長する季節。

    食料も豊富で海水温も高いため(海水温は気温の
    1ヶ月遅れ)動きやすい時期。

    また、短い時期に急に成長しようとするため、
    大変活発に捕食してきます。

    エギングをはじめるなら秋から、といわれるのは
    このためです。

    生まれたばかりのアオリくんたちは、
    まだまだ経験が浅い。

    だから少しくらいテクニックがなくても、
    魚やエビみたいな動きができなくても。

    ヒョンヒョンと動けば「動いてる!エサ!」
    と思ってくれるんですよね。

  • 少し成長したので、目立つ存在に。

    そこで天敵から身を隠すためと、
    海水温の変動が少ないのもあって深場に移動します。

  • 大型化したアオリイカは水温が15度を超えると
    産卵のために接岸しはじめます。

    春イカ=デカイカなのは、このためです。

    エギングテクニック冬も同じでいいの?

    このように冬のアオリイカは、
    今まであなたが知っている秋までのアオリイカとは
    まったく違った習性を持った生き物なんだ
    ということを知ってほしいのです。

  • イカの性質が違う
  • 秋とは違って少しは大きくなった分、
    冬まで生き残ってきて警戒心も強くなっています。

    水温が下がっているので、イカも寒いんです。
    動きたくないんです。

    だからこれまでのようにエギが元気に動き回っていても
    「あー、エサかも」くらいで動こうという気にはなりません。

    冬のイカは怠け者になるのです。


  • イカが住んでいるところが違う
  • 冬になるとイカは深場に移動する、と書きました。

    堤防周りで言うと堤防の外側
    外洋に面しているところ、テトラの外側などですね。

    階層でいうと上層や中層よりは
    思いっきりボトム(底)です。

    岩場では岩陰に隠れていることが多いので、
    かなり根がかりしやすい場所、ということになります。

    当然冬には冬のエギングのテクニックが存在するのです。

  • 海水の透明度が違う
  • 冬の海は水温が低下するため、海中に生息する
    プランクトンの数が減ってしまいます。

    すると海水の透明度が高くなりますよね。

    アオリイカにとってより見えやすい環境に
    なりますから、警戒心が強くなってしまいます。

    ということは、よりエギを見切りやすくなります。

    晴れた日の日中には
    エギングが難しくなる季節ですね。


冬にやるべきエギングテクニックはこれ!

冬には寒がりで面倒くさがりになるアオリイカ。

だったら「冬は全く食べないのか?」というと
そうではありません。

  • それまで元気だったエサが目の前で死にかけている!
  • 瀕死のエサがぴくっと動いたがやっぱり死にかけている!
  • すると、

    「これならあんまり身体動かさないでも良さげだし
    よっし!少し身体を動かして食べてみようかい」
    という気になります。



    ↓となると…

    キャスティングしたらなるべくボトムに長時間ステイ

    2段シャクリ、3段シャクリで少し遠くの
    アオリイカにもアピールしたら、あとはじっとまたステイ。

    それでも抱いてこないなら、瀕死ですよ、とばかりに
    ひょんひょんとジャーク、またステイ



    というのが動きの基本形になります。

    次回は冬エギングのテクニック、
    フォールはどうしたらいいの?

    どういったことに気をつけたらより釣れるのか?
    お話していきますね ( ´∀`)