子どもが産まれ、職場復帰を
しようと考えているそこのあなた!

『保育園って何歳から入れるの?』
『何時までにお迎えに行けば良いの?』

と、意外と保育園のことについて
よく分からなかったり、知らなかったりしますよね。

そんな基本的なことを
保育園に直接聞いても良いのかしら…と
躊躇していませんか?

そこで今回は、保育園に預けることのできる年齢と、
預けることのできる時間帯について
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link


保育園は赤ちゃんから入れます

育児・介護休業法では、

1歳に満たない子どもを
養育する労働者は、男女を問わず、
希望する期間、子どもの養育のために
休業することができる

と定められています。

この、太字で書いた「労働者」
というところに注意。

あとの記事で詳しく説明しますね。

保育園に預けることができる年齢と預けられる時間帯とは?

子どもが1歳の誕生日の前日まで
育児休業をとることが可能。

ということは、子どもが1歳の誕生日前後から
保育園に預けることができる、ということです。

ですが、じつは子供が1歳に満たない、
0歳からでも、預けることは可能です。

ただ、法律ではお母さんは出産後8週
過ぎなければ就労することができない
決まりとなっています。

産後のケアができるように、
という配慮ですね。

なので0歳といっても、早くても
生後2ヶ月から預けることが可能ということになります。

ただ、子どもが小さければ小さいほど、
集団での保育の安全性を確保しなければならないので、
保育士の人数が必要になります。

これは国が「児童福祉施設最低基準」によって、
保育士の配置基準を定めているからです。

  • (0歳児)保育士1人につき子ども3人
  • (1、2歳児)保育士1人につき子ども6人
  • (3歳児)保育士1人につき子ども20人
  • (4、5歳児)保育士1人につき子ども30人

そのため、生後4ヶ月、6ヶ月、8ヶ月などと
区分して受け入れられる月齢を定めている保育園があったり、
1歳以上からしか受け入れることができないという保育園もあります。

保育園には何歳まで預けることができる?

保育園は認可・無認可関係なく、
小学校入学まで、つまり就学前までの期間、
預けることが可能です。

0歳から保育園に通い始めたら
約6年間ですよね。

これって小学校の義務教育期間と
同じ長さです。

保育園は「児童福祉法」によって、
子どもの教育と養育が一緒に行われることを定めているので、
しっかりとした生活習慣や社会性が身に付きそうですよね。

保育園って何時から何時まで?

保育園に預けることのできる時間帯は、
各保育園によって異なりますが。

朝7時頃から夜7時~8時頃まで
というのが一般的です。

預ける時間帯は、認可保育園と、無認可保育園でも違いが

保育園というのは、国が認めた「認可保育園」と、
そうではない「無認可保育園」の2種類があります。

  • 認可保育園 … 国が定める細かい設備が基準に達している園
  • 無認可保育園 … デパートやビルの1室で、基準に達していない園

といった感じです。

認可保育園でも、保護者の就労時間によって、
1日の最大利用時間が決められています。

  • 保育標準時間 … 月120時間以上 ⇒ 11時間
  • 保育短時間 … 120時間未満 ⇒ 8時間

もし、この認定を受けた時間を超えて
利用した場合は、延長保育料がかかります。

また、就労時間の合計では「保育短時間」の認定になるけれども、
各保育園の「保育短時間」の時間帯とは合わないという場合は、
認定を受ける前に各市町村に相談をしなければなりません。

必要に応じて柔軟に認定することが認められていますから、
安心して各市役所に相談しましょう。

対して、無認可保育園には、
時間帯などのしばりがありません。

そのため、各保育園によって異なり、
夜遅くまで預かってくれるところもあります。

Sponsored Link


24時間保育の保育園もあります

保護者の仕事や病気などの状況によっては、
24時間型の保育園もあります。

最近では、企業等が従業員へ福利厚生で
設けている事業所内保育所も多くなりました。

事業所の勤務時間と合う保育時間を
設定しているので、預けやすいですね。

特に保護者が医師や看護師などの医療従事者であれば、
勤務時間が日によっては夜間という時もありますよね。

看護士さんなどの職種をしているお母さんにとっては、
24時間型の保育園は強い味方です。

さいごに

保育園は、認可・無認可によって
預かり時間や預かってくれる年齢も異なってきます。

したがって、もし気になる保育園がある場合は
一度直接尋ねてみることをおすすめします。

子どもにとっても親にとっても、
まだ見ぬ保育園は未知の世界ですよね。

でも心配することはありません。

保育園の先生方は働く女性の味方です。

まずはいろいろと問い合わせて
みることをおすすめします。

Sponsored Link