魚料理を超簡単にする方法!裏ワザ節約レシピで2度オイシイ~♪


面倒な魚料理を超簡単にする方法とは?

魚って、主婦にとっては何かと面倒臭い
食材ですよねぇ~。 (*´・д・)(・д・`*)ネー

どれくらい魚が面倒臭いか?
っていうと…

  • 魚って、生臭い!
  • 魚って、トゲとかあって、なんか痛い!
  • 生臭いから、痛いから、
    魚なんかさわりたくない!
  • たとえさわれても、さばくとか? むり~!
  • さわったら、手に臭いがついて最悪
  • 万が一、さばいたところで、
    身以外は、どうすんの?

こんな連想を、スーパーの鮮魚売り場で
やりはじめるともうダメです。

ついついお肉売り場に足が向いてしまうのです。

でもねぇ、魚ってやっぱり身体に良いし。

旦那はともかく(?)
「子供には、ちゃんと魚料理を食べさせないと!」
と思うわけですよ、賢い日本の主婦は!

(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー

ということで、

魚料理大好き、でもすじ金入りの
面倒くさがり屋管理人・こイカが
これからお話したいのは、

  • 手で触らない!
     だから、手が生臭くならない!
  • 自分でさばかなくていい!
  • 身以外で超簡単に1品作ろう、
       だから、超節約!

  • ね、ちょっと安心できるでしょ?

    後半では、私が2人前700円で作った
    2品の絶品魚料理を紹介しまっす♪

    さぁ、いろんなハードルを乗り越えて、
    面倒臭くない、魚料理を作りましょう!


    Sponsored Link


    魚は丸ごと買いましょう


    魚をもっと頻繁に、安く食べるために、

    魚は丸ごと一匹買いましょう


    「でも、一匹買ったって、
     わたし、魚さばけないよ?」

    そんな声が聞こえてきそうですが  (;^_^)A

    大丈夫です!

    魚屋さんにさばいて
    もらえばいいんです!

    スーパーでも鮮魚部の人に声を
    かければ、無料でさばいてくれます。

    「魚のアラは必要ですか?」

    と聞かれたら、くい気味で

    「アラいります!」

    と答えましょう♪




    そうです、提案したいのは、

    魚のアラを有効活用する!

    ということなんです。

    でも、たまーに

    『○×円以下の魚はさばけません』

    みたいなセコいスーパーもあるんですよね。
    (こらこら)

    無料でさばいてくれるスーパーで、
    賢く買い物しましょう^^



    マグロやサーモンなどの大型魚は、さすがに
    丸ごと一匹、というわけにはいきませんがw

    かつおなどの中型魚からアジなどの
    小型魚まで、一匹買いできる魚は様々です。

    ここで、一匹丸ごと魚を買うことのメリットを!

  • 新鮮な状態で食べられる
  • 衛生面でも有利
  • アラが無料!
  • 刺身パックで買うより安い!

  • どうでしょう?

    手間をかけずに、美味しく、
    安くお魚がいただけちゃうんです~♪



    新鮮なお刺身は、美味しい!


    お刺身パックって、たまーに、

    「これ、いったい何時に切ったの?」

    ってときありますよね?
    カラカラだったり、逆にジュブッてしてたり…。



    パックから出すときに、ドリップがたまって
    たりすると、「げげぇ~!」と叫んじゃいますよね。

    そんなお刺身を小さい時に食べされられると、
    魚嫌いになっちゃうじゃん!ヾ(*`Д´*)ノ”

    と、スーパーに恨み言を言ってみたくなります。



    それが、一匹買いにはありません。

    お刺身が食べたかったら、

    「三枚におろしてください」

    と注文すれば、綺麗な身と
    アラにしてくれますから、
    あとは切るだけ!

    「魚のお刺身なんて、作ったことないよ!」

    というあなた、大丈夫です!

    これさえあれば♪



    手袋
    そうです、ビニール製の使い捨て手袋です。
    ドラッグストアで100枚600円代で売ってます。

    これがあれば、手が臭くなることはありませんし、
    ぬめっとした感触が苦手な人も、手袋越しだと
    だいぶ我慢ができるのでは?

    こんな感じの使い捨て手袋は、ピタッと
    肌になじんでくれるので、作業がしにくい
    ということもありません。



    手袋をしてお刺身を作ると、素手でさわらなくて
    いいし、食べる直前に切ることができるので、
    刺身パックを買うよりも、ずっと衛生的です。

    もしも旦那さんが釣り好き、なのにさばくのは
    「奥さんの役目やろ」とか、ふざけたことをいう
    困ったちゃんの場合。

    仕方なく魚をさばかないといけない時も、
    ぜひこの手袋をしてみてください。



    すべらないし、少々のトゲでも痛くありません。

    薄手なので、ほね抜きで魚のほねを
    抜くときにも、指で骨を探すことができます。

    お魚以外でも、貝類や生のお肉をさわるとき、
    特にハンバーグこねるときには大活躍してくれ
    ますから、ぜひ使ってみてくださいね (゜∇^)d



    Sponsored Link


    作ってるのは、家庭料理です!


    「でも、お刺身ってどうやって切るの?」
    という疑問もでてきますよね。

    そういうときは、「家庭料理ですから!」と
    割り切っちゃいませんか?

    料亭で食べるじゃないんですから~♪

    白身魚は薄切り、赤身魚はちょっと厚め
    くらいの認識で十分!

    綺麗に刺身盛りを作ろうなんて
    思わなくっていいんですよ~♪



    ちなみに昨日の夕飯のお刺身です。

    2014-06-25 21.11.33
    ね? てきとーに切って、並べただけでしょ?
    お皿もダサいし、並べ方なんてめちゃくちゃw

    でも、とーっても、美味しかったんです♪

    お魚は、カサゴという種類で、
    2匹で700円でしたw



    同じくらいの量のお刺身パックが
    売られていたんですが、

    1パック864円

    でした (´・ω・`; )

    一匹買いすると164円もお安く
    買えちゃうんです!



    魚のアラでもう1品作りましょう


    さらに、700円のなかには、
    魚のアラも含まれています。

    それで2品目。

    カサゴのアラで、お味噌汁を作り、
    そうめんを入れました。

    2014-06-26 12.14.39


    これが、アラの旨みがお汁に出てて、
    その旨みをそうめんが吸って、
    うお! うんまぁ~い! ヽ(*´∀`)ノ

    管理人は、アラの骨の間に残った
    ちっこい身をほじほじするのが、
    とっても好きです~♪

    でも、
    「アラの頭が気になって、食べれない」
    って方は、お出汁だけとって、
    アラは捨てちゃって構いませんよ♪

    要は美味しいスープさえアラからとれたら
    いい
    ーんですから。




    「アラは食べたいけど、小骨が気になって
    そうめんをすすれない」

    って方は、そうめん汁とアラ汁を
    別々によそうといいですよ^^

    今回はお味噌汁にしましたが、お吸い物を
    作るのもおすすめ
    です!

    あさつきのかわりに、三つ葉やワカメ、
    季節ならあおさ海苔をちらすと美味ですよ。

    管理人は九州人なので、ゆず胡椒が
    必須ですっ (・∀・)ノ



    美味しいお出汁が作れちゃう裏ワザご紹介!


    じつは、アラで汁物を作るときに、
    料亭のご主人から伺った、
    とっておきの裏ワザがあるんです。

    これをすると、スープが格段に
    美味しくなっちゃうんですよ~ (^▽^)ノ

    ズバリそれは、

    最初にアラを魚焼きで焼くこと

    1. 魚のアラは、軽く塩をして焼き目が付くくらい焼きます
    2. 水をはった鍋にアラを入れます
    3. 煮立ったらアクをひき、煮えたら火をとめます
    4. 味噌を入れます
    5. お好みで薬味をどうぞ!


    たったそれだけで、「りょ、料亭の味?」
    になっちゃいますから、不思議です。

    700円で2品、大満足です~♪



    和風ではマンネリ、というお悩みもありますか?

    ごま油でしょうがとにんにくのみじん切りを
    炒めて、食べる前にすり胡麻を浮かべれば中華風。

    オリーブ油にしょうがとにんにく、ハーブ塩で
    イタリアンスープ、トマトペーストでアクアパッツァ。



    いずれもなんちゃってスープですが、魚のアラの
    旨みって、すさまじい
    ものがあって、どれも不思議と
    安っぽくなく仕上がります。

    ここで美味しいお出汁をとるための裏ワザを、
    大奮発してもう1こ!

    水の分量に気をつける

    お出汁をとるときの水は、
    できるだけ少なめにしましょう。

    あとから薄めることはいくらでもできますが、
    最初に薄いと煮詰めるには雑味がでてきて
    まずくなっちゃいます ヾ(;´▽`A“



    まとめ


    いかがでしたか?

    カサゴに限らず、アジ、カツオなどなど
    いろんな魚が一匹買いできます。

    季節物になりますが、初夏だとイサキ、
    秋は戻りカツオなんて美味しいですよねぇ~♪

    お魚以外では、エビやカニは、むいたカラで
    スープをとり、しめにラーメンで食べると絶品ですよ!



    スーパーの鮮魚部などでは高級魚でない場合、
    魚のアラは大抵が処分されてしまいます。

    アラまで食べてあげるのは、魚にとっても
    とてもいいことですよね。

    これは一物全体という考え方に基づくもので、
    命を丸ごといただくことが食べる方にも、
    供される方にも大切だというものです。



    あらら、
    ちょっと説教じみてしまいました  スミマセン(;^_^)A

    でもこれってすごく節約、始末になってて
    いいと思いませんか?

    それでは今日の話をまとめてみます!

    【面倒な魚料理を簡単に調理するための4つの方法】

  • 魚は丸ごと一匹買う
  • 魚屋さんで3枚におろしてもらう
  • 魚をさわるときは、使い捨て手袋を
  • 魚のアラでスープをとり、
      もう1品作る


  • 家庭でもバンバン取り入れて、少しのお金で、
    豊かな食生活を送っちゃいましょう~♪

    Sponsored Link


    Sponsored Link

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ