砂糖が固まる原因は?防止するにはアレを1滴!

Sponsored Link
砂糖って、一度固まるとどうしてあんなに
コッチコチなんでしょうね。


人格破壊したみたいにスプーンの
先でガスガスやっても簡単には
崩れてくれません o(;▽;)o

砂糖 固まる
でも!
驚きの新事実!

アレを1滴たらすだけで、
あんなに固まっていた砂糖が
サッラサラになるんです!!



Sponsored Link


これまでの固まった砂糖解消法


ネットで検索すると、固まった砂糖を
サラサラにする方法が見つかります。

たとえばパンやみかんの皮を砂糖と
一緒に入れておく、とか。

パンがカビそうで嫌ですよね (汗)

レンジでチンする、オーブントースターで
熱する、なんてもう料理ですw

1番の力技、フードプロセッサーにかける!
なんてのもあって。

K0000219193
このブログを普段から読んでくださっている
方々はもうお気づきだと思いますが。

私、究極の面倒くさがり屋です。

そんな面倒なこと、
やってられっかーいっ
 ヾ(*`Д´*)ノ”

と放棄し、固まったままの砂糖を
ガスガスとスプーンやフォークで
崩しながら使うこと15年の主婦でした
(´・ω・`) トホホ


固まる原因は砂糖の製造工程


ところが、砂糖が固まってしまう原因を
知ってから、私の悩みは解消されたのです。

それは砂糖の製造工程にありました。

砂糖は完成すると糖蜜をふきかけられて
仕上げられていたのです。

というのも、砂糖自体がそのままでは
くっつきやすい性質を持っているもの。

サラサラの状態にするために糖蜜が
ふきかけられているのです。

ところが保存しているうちに糖蜜の
水分が抜けてしまい、再結晶化して
かえって固まりやすくなってしまうんですね。

そうです、糖蜜の水分が抜けることで、
砂糖は固まってしまっていたんです。

ということは、またサラサラの状態に
戻すためには、水分を補給してあげると
良いということ。

そうなんです、たった1滴の水を
砂糖入れにたらしてあげるだけ

よかったんです!!

たった1滴の水分の湿度が砂糖入れに
行き渡り、ほかの塊も軟らかくしてくれます。

砂糖に湿気は敵だと思っていました、
パンを入れるのもそのためかと。

逆だったんですね。

適度な湿気は砂糖の味方
だったんです ヾ(⌒∇⌒*)ノ


Sponsored Link


実験!固まった砂糖に水を1滴


それでは早速実験開始。

って言っても超簡単!なので
面倒臭がりの私にもできますw

【固まった砂糖とサラサラにする方法】

① これ、うちの砂糖入れです

砂糖 固まる

中身は上白糖ではなく花見糖ですが
見事に固まってくれていますw

② ここに水を1滴。

本当に、1滴で大丈夫です。

多いと砂糖が溶けてしまうので、
気をつけてくださいね。

 待つこと1晩

たったこれだけです。
簡単でしょ!?

簡単なんですっ ヾ(⌒∇⌒*)ノ

③ そして翌朝、スプーンで崩す

  行きますよー、スプーンを差してみます。

砂糖 固まる

うおおおおおお!!!!

ザクザク崩れていきます!

もうこれ、私が知ってる砂糖!?
と感動~!! /(_△_)ヽ

うちのは花見糖で粒子が粗いので、
ざくざくといった感じでしたが。

上白糖だとサクッといくのでは?

さぁ、みなさん!

早速ご自宅の砂糖入れに
お水を1滴、1滴でいいんですよ!

何度も言いますが、大事なことなので
もう1度言います!


お水は1滴。これ忘れずに。

入れすぎたらかえってべちゃべちゃに
なっちゃいますからね、注意です。

これは先日、ためしてガッテンでも
紹介されていたおススメの方法ですよ。

そして明日の朝を楽しみに!!

Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ