冬エギングのテクニック、 フォールはどうしたらいいの?

Sponsored Link
冬のエギングのテクニックは?
フォールはどっちが効果的?


冬の寒い時期にエギングなんて
行ったってどうせ釣れないっしょ?

そう思う人には思ってもらっといた方が
本当はいいんですけどね、
ポイント荒らされないですむんでw

だからこのブログ読んでくれてる人限定で、
どんなつり方でどんなフォールがいいのか、
裏ワザも含めてこっそり教えます!


Sponsored Link


冬のエギングなぜ釣れない?


冬ってエギングはダメ、っていうのが定説に
なってますよね、私の友達のエギンガーにも
「冬から春はヤエンするわ」って言う人いますけど。

実は…。
冬のエギングはテクニックさえおさえちゃえば釣れます。

だって冬だ、寒いっていったって
アオリイカだってご飯食べないといけないんですから。



でも、秋までみたいに浅場で小魚
追い回して食べたりしません。

そんなに食欲ない日中でも
「お!あれってエサじゃ?」って
思って寄って行ったりしません。

冬のアオリイカは怠け者
透明な海水のせいで小心者なんです。

だから冬のエギングテクニックは、
ステイ、とにかくステイ
です!

っていうのはお話しました。

冬のエギングテクニックって?エギング女子が教える寒期にアオリイカを釣る技法

冬のエギングテクニック、フォールはこっちを!


冬のエギングにおいて大切なのは、
ステイともうひとつ、フリーフォールをすることです。

カーブフォールは常にラインを張っている分、
当たりがとりやすいという利点があります。

エギング 冬



そのかわりカーブフォールだと
1度のキャスティングで探れる回数が
少なくなっちゃいます。

また、ラインを常に張った状態だと
ボトムにステイを繰り返すうちに
どうしても根がかりする確率が高くなります。

一方でフリーフォールは当たりが
とりにくいという欠点があるのは事実です。



ですが、根がかりはある程度軽減されますし、
1度のフォールで進む距離が短くなります。

ということは、より
イカの目の前にエギを見せてあげることができる
のはフリーフォールだということになります。

エギング フォール



カーブとフリー、一長一短ありますが。

冬のイカの運動量がぐっと落ちることを考えると、
どうしても私が冬に多くやるのはフリーフォールになります。



フリーフォールでも当たりをとらえる裏ワザ


正直に言って、フリーフォールの真っ最中に
そぉっと触れてくるような当たりを
綺麗にとらえるのはむずかしいです。

よくイカはフォール中に抱いてくる、
といわれますからね。



しかし活性が高い時期と違って
冬のイカはフォール中に抱いてくる、
ということは少ないのでここはちょっと安心。

それよりも着底したらすぐに糸ふけをとり、
人差し指にラインをかけて、ステイのときの
当たりを逃さないようにすることが大事です。 (^▽^)ノ



Sponsored Link


Sponsored Link

2 Responses to “冬エギングのテクニック、 フォールはどうしたらいいの?”

  1. イカすエギンガー より:

    質問です( ̄▽ ̄)
    餌木はシャロータイプと
    ディープタイプ
    どちらが有効的だと思われます❓
    後お気に入りカラーがあれば教えて下さい。(;^_^A

    • こイカ こイカ より:

      >イカすエギンガーさん

      はじめまして、コメント有難うございます。

      ディープとシャローは、用途に応じて使い分けてます、
      どちらが有効的とかはないですねぇ。

      お気に入りのカラーは、ケイムラ紫です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ