浅草三社祭2017!地元民秘蔵のおすすめグルメランキング!

Sponsored Link



浅草三社祭に行くなら絶対食べたい、
2017年の浅草グルメは?


浅草三社祭、2017年は5月19日(金)~
21日(日)の日程で行われます。

はじめて「浅草三社祭に行ってみたい!」と
思ってるそこのあなた、もしかして浅草で
ご飯を食べようと思ってますか?

だったらお店の予約をしてから、
行かれることを、強くおススメします!



なぜなら3日間で実に150万人が
集うお祭り、それが浅草三社祭
だからなんです。


さかのぼること、数年前。

当時はじめて浅草三社祭にでかけた私は、
お腹がすいて、

「せっかく浅草に来たんだから、
 何か美味しいもの食べたいね」と

訪ねたお店、お店がすべて満席。


結局屋台で空腹をしのぎ…。

その焼きそばが気絶する
くらいマズかった (涙)

という散々な目に、あなたには
あってほしくないからなんです (;^-^A


ちょっと学習した私、翌年から大学時代の友人、
葛飾生まれの葛飾育ちを同伴!

しっかりと予約をいれてもらって、
浅草グルメを堪能するようになりました~♫


今回は、実際に何度も足を運んで、
「うまい!」とうなったお店を厳選!

これぞ『ザ・浅草』的絶品グルメ
ベスト3をご紹介します~♪

Sponsored Link



浅草グルメ、ベスト3をご紹介!



くどいようですが(;・∀・)

どれも超有名店なので、浅草三社祭に
行くことが決定した時点で絶対に
電話で予約してくださいね ヽ(´∀`○)ノ

今回は予約可能なお店ばかりを
チョイスしました、予約とれるといいですね!


  1. 葵丸進 天丼


    浅草三社祭2017年地元民が愛するグルメランキング第3位は葵丸進 天丼

    葵丸進は、『あおいまるしん』と読みます。

    浅草などの東京の下町の天丼は特徴的です。

    私、いつもは薄衣で関西風の天つゆで
    仕立てた天丼が好きなのですが。

    郷に入っては郷に従え、で浅草に行くと、
    厚めの衣に、甘めでどっしりとした天つゆが
    しっかり絡んだ天丼が
    食べたくなるのです。



    ここじゃないと食べられない味、と思うと
    すごく美味しく感じるんですよねぇ♪

    こちらのお店は7階建てでキャパが広いので、
    予約も取りやすいかもしれません。

    お座敷も広々としてて、くつろげますよ (・∀・)ノ

    【葵丸進 ショップデータ】
    営業時間:11:00~20:00
    住  所 :台東区浅草1-4-4
    電話番号:03-3841-0110





  2. 蕎亭 大黒屋 せいろ蕎麦


    浅草三社祭2017年グルメランキング第2位は大黒屋



    蕎亭 大黒屋は、『きょうてい だいこくや』
    と読みます。

    そばで有名な浅草のなかでも、
    しっかりと仕事をしたそばを
    味わうことができます。

    三社祭の時にはせいろと、
    蕎麦味噌だけのメニューになることも。

    それでも充分です。



    なぜかというと。。。

    こちらのご主人が足利一茶庵で
    修行されたことは有名ですが。

    ちなみに、一茶庵は戦後ほぼ壊滅状態にあった、
    日本の蕎麦を復興させた片倉康雄氏のお店です。


    そのお弟子さんは1,000人を超え、
    『一茶庵』系とも言われるほど。

    こちらのご主人は今や一茶庵系のなかでも、
    一茶庵よりも仕事をしている
    との声も聞かれるほどの名人だからなんです。




    手間をかけて打たれた二八そばは、
    しっかりと角が立って見た目も爽やか。

    一口すすれば、蕎麦の風味がゆかしく広がり、
    辛めのつゆと見事にからみます。




    三社祭は残念ながら新そばの時期では
    ないからこそ、こうした仕事ができる蕎麦屋に
    行きたくなるんですよね。

    ただ蕎麦を味わう、そのためだけに
    行く価値のあるお店
    です。




    また、おかみさんがとっても可愛らしい
    方なので、お会いできるのも
    楽しみだったりします♪


    【蕎亭 大黒屋 ショップデータ】
    営業時間:12:00~14:00  17:00~22:00
    住  所 :台東区浅草4-39-2
    電話番号:03-3874-2986



  3. Sponsored Link


  4. グリル グランド オムハヤシ


    浅草三社祭2017年グルメランキング第1位はグランドのオムハヤシ

    1番は、洋食の名店、グランドです。

    見てください、卵をただダランとかける
    のではなく、一度オムレツを作って、
    それから割る、いわゆる『たんぽぽ』方式♪

    本物のニオイがプンプンするでしょう?



    デミグラスを手作りしている洋食屋さんも
    もう少なくなってはいるのですが。

    さらにこちらのお店が秀でているのは、
    味の足し算、引き算ができている』点です。


    こちらのオムハヤシ、出てきたら
    まずデミグラスソースを一口、
    少しすくって食べてみてください。

    少し薄い感じがあると思います。


    オムライスとして食べて
    はじめて「美味しい!」と感じる
    はず。

    これが、『味の計算ができている』
    グランドの妙技です。



    難しいことじゃないんですけどね。

    でも私、これまで食べ歩いてきた
    いわゆる『名店』の多くでがっかり
    してきたことなんです。

    味の引き算ができない店が多すぎる!


    それは浅草でオムライスで有名な、
    某有名店でも感じたことで。

    大好きな作家さんの行き着けだった
    というから、ずいぶんと期待して
    行ったんですけどねぇ ヾ(´囗`。)


    グランドは、足し算がぴったりと合うどころか、
    旨味とうま味が掛け合って何倍にもなる、
    『味の掛け算』の領域
    にまで達しています。



    こちら、オムハヤシやビーフシチューも
    おススメですが、ここでとっておきの裏ワザを!

    せっかくのお祭りなんだし、
    境内や観音堂などのお外で食べたい!

    って思いませんか?


    実は、

    グリル グランドは、
    ビーフカツサンドやメンチカツサンドの
    テイクアウトをしてくれるんです!

    ちゃんと折に入れて持たせてくれますよ。


    ハッピのお兄さんたちを眺めながら、
    春の陽気の浅草神社の境内で、
    肉汁ぶわっ!のカツサンドを頬張る♬

    とっておきの裏ワザ、ぜひお試しを (・∀・)ノシ


    【グリル グランド ショップデータ】
    営業時間:11:30~14:30  17:00~21:30
    住  所 :東京都台東区浅草3-24-6
    電話番号:03-3874-2351


おわりに



いかがでしたか?

2016年も浅草三社祭、しっかりばっちり
楽しんでくる予定の私。


今年もやっぱりグランドのビーフカツサンドに
なりそうな予感!!

春爛漫の陽気のした、若い衆たちの熱気を
感じながら、カツサンドをいただく、
想像しただけで、有り難いでっす 〝((∩´︶`∩))″


みなさんも今年の三社祭は、
美味しいもの食べてさらに盛り上がりましょう~♪

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ