速く走る方法!パパでも簡単に速くなる5つの裏ワザ!


速く走る方法、超簡単に
できる5つの裏ワザ!


日々のトレーニングが大事とか、
まずは瞬発力磨かないと、とかは
このブログにはないですw

今すぐ、簡単にできて、しかも50mで
1秒縮まるくらいの裏ワザをご紹介します。

子供の運動会でリレーの選手に
選ばれてしまったお父さん、必見

です!( ´∀`)ノ


Sponsored Link




速く走る方法!超簡単にできる5つの裏ワザを大公開!


  1. かかとにプチプチを入れる


  2. プチプチって、こんなのですね。

    速く走る方法
    割れやすい食器の梱包とかに使う、
    プチプチ潰すと気持ちがいいやつです。

    これを10cm角に切って、スニーカーの
    かかとの部分にだけ入れます。

    プチプチを入れることで、走りに適した
    前傾姿勢を作る
    ことができます。



    前傾姿勢になると、蹴ったパワーを
    地面に充分に伝えることができる
    ようになります。

    その分、足が速くなる、ということになります。



    陸上の選手とかは前傾姿勢の方が
    多いと思いますが、彼らは腹筋と背筋を
    鍛えることによって実現しています。

    それをプチプチをかかとに入れることに
    よって、お手軽に作ってしまおう、というのです。

    また、前傾に姿勢が傾くことで、
    バランスをとろうと足が早く出る

    ことになり、これもタイムアップにつながります。


  3. ゴルフボールを握る

  4. 両手に1個づつ、ゴルフボールを握ります。

    手の中にゴルフボールがある状態で
    腕を振ると、ゴルフボールが重みとなって、
    遠心力が増します


    すると、それが推進力となり、前に進む力を
    生み出すことができるのです。



    これはよくペットボトルを持って練習する
    ことからも効果が分かりますよね。

    普段から腕の振りを意識させ、
    推進力のひとつにする癖をつけます。

    本番ではまさかペットボトルを両手に
    持って走るわけにはいかないですが。

    ゴルフボールくらいなら、目立つこと
    なく握ってられる
    のではないでしょうか。

    Sponsored Link


  5. 足首とつま先に輪ゴムをかける

  6. 用意するものは輪ゴムです。

    手首サイズのものよりもちょっと太めで
    長めのものがいいですね。

    速く走る方法
    輪ゴムを先ず足首にはめます。

    それを伸ばして1回ひねり、
    親指に引っ掛けます。

    足首と親指に八の字でかかっている
    状態になりますね。

    輪ゴムの弾力で適度に足の裏が
    反り返ることで、地面を蹴る力が
    増加
    するんです。

    こうした後に、上から靴下を履いて
    しまえば、効果は変わらないうえに、
    ほかのお父さんにバレることはありませんw



  7. ティッシュを奥歯に詰める

  8. 両方の奥歯に小さく丸めたティッシュを
    詰めて、噛みしめます。

    すると奥歯に力が入ります。

    奥歯に力が入ると、筋張力が働きます。

    筋張力とは、筋肉が収縮することで、
    骨を引っ張る力のことです。

    東京医科大准教授でスポーツ歯学専門の
    武田友孝准教授によると、人は噛むと
    大脳皮質の運動野が活性化されるそうです。

    また、全身の関節周辺の筋肉が働いて、
    身体の動きが固定されます。

    それは動物の時代からエサを食べている
    時は身体がぐらつかないように固定していた
    ことに由来します。

    そのため、同じ走るのでも長距離などは
    向きません。

    50m走や短距離のリレーなどは、
    瞬発力が要求されます
    から、奥歯を
    かみ締めることで有利に働きます。




  9. ゴール前で叫ぶ

「わぁ~!」
とゴール手前で大声で叫びましょう。

スポーツジムとかでダンベルを持った
マッチョなおっちゃんとかが、よく
雄たけびを上げてますよね。

はたから見ているとちょっと引いちゃう
くらいですが ( ´▽ `;)



これ実は『シャウト効果』といって、
ちゃんと効果が実証された能力
アップの方法なんです。

大きな声を上げながら力を使うと、
筋出力がアップする
ことが実証
されているんです。

科学的には、なんと5~7%もの
筋出力がアップ
する可能性が!

これは大声を出さない手はないですね!

でもせっかく速く走ることができても、
あんまり大声を出しすぎると、お子さんが
娘ちゃんだったりするとドン引きされる危険も。。。

あんまり大きくなりすぎない範囲で
最後に叫ぶくらいが丁度いいかもしれません。

まとめ


いかがでしたか?

「明日が運動会!」
とかでも間に合う
、速く走るための
5つの裏ワザをご紹介しました。

50m8秒81だった人が、裏ワザで
走ったら7秒84になったという実証例
もあります。


速く走る方法


どれも実践しやすいものばかりなので、
ぜひ取り入れてみてくださいね。

ここで、私の兄が実際にやらかした
失敗談をご紹介!

 しゃべっちゃダメ!

この裏ワザで娘の運動会に挑んだ兄、
スタート前のウォーミングアップで
娘から「パパ。頑張って~!」の声援が。

かっこつけて片手を挙げ、
「おおー!」と叫んだ瞬間、
口からティッシュがポン!

横に並んでいたお父さんに
「何か落ちましたよ」と拾われる

という赤っ恥な実話がありました ( ´▽ `;)

実践するときはしっかり噛みしめて、
あんまりしゃべらない方がいいですよww




それでは、運動会頑張ってくださいね!

できれば、あなたと同走するライバルが、
このサイトを見ていないことを祈ります!


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ