クリスマスプレゼントのサプライズ方法!子供はサンタを信じてる!


ここ数年、クリスマスにはサンタ
なっている管理人・こイカのだんな。

どういうことか!?というと。

子供のいない、でも子供好きの私たち夫婦、
サンタに変装して、友人の子供たちに
プレゼントを配っているのです。



事のはじまりは、ある女の子の、
小さな、ささやきからでした。



Sponsored Link


クリスマスプレゼント!究極の贈り方とは?


サンタさんって、ほんとはいないよね?

友人の子供、Cちゃんに小さな声で
そう聞かれたのは、4年前の冬でした。

もうすぐクリスマスで、お母さんはサンタさんに
どんなプレゼントもらいたいか聞いてくるけど、
本当はプレゼントを買ってくれるのはお母さんだ、と。



当時Cちゃんは小学1年生。

お父さんがいないCちゃんのことを、
私たち夫婦は友人たちの子供のなかでも、
とりわけ可愛がっていました。

小さい時からお父さんがいないせいで、
いろいろと寂しい思いをしてきたCちゃん。



お母さんが自分を愛して、とっても頑張って
育ててくれるのが分かるから、全然わがままを
言わない、とっても優しい子に育ちました。

だから、

「もしかして、サンタさんはいないんじゃないかな?」

と思っていても、お母さんがガッカリする顔を
見たくなくって、直接は聞けない




そんなCちゃんの小さな胸の内を思うと、
こイカは涙が出そうになるのをグッと
こらえて、わざと大きな声で言いました。

そんなことなかよ!
 Cちゃんのお家にも、きっと今年
 サンタさんが来てくれるよ!


「ほんと?」

「ほんと、ほんと!」



さぁ、大変!

Cちゃんに、サンタさんを
信じてもらえる方法とは?

それからこイカだんなのサンタ化
計画がはじまりました。

早速Cちゃんのお母さんである、
友人Eと作戦会議。

Cちゃんに、サプライズでクリスマス
プレゼントを届けるのです!



ここは長崎です。

友人EとCちゃん親子が暮らす家には、
当然煙突なんかありません。

「長崎に来てくれるサンタさんは、
 煙突がないから窓から入ってくるらしい」

という情報を友人EからCちゃんに
流しておいてもらい。



当時お菓子作りをおぼえたばかりの
Cちゃんに、

サンタさんはお腹がすくだろうから、
 クッキーを焼いてあげようか!


と、クッキーとミルクを窓辺に置いて
おいてもらうことにしました。



Sponsored Link


いよいよクリスマスイブ!Cちゃんの反応は?


そして、いよいよクリスマスイブ。

事前の打ち合わせでは、Cちゃんは
8時ちょうどにお風呂に入り、遅くとも
8時20分にはお風呂から上がってきます。

友人Eには窓の鍵を開けてもらっておきました。



8時15分

某ディスカウントストアで購入したサンタの
衣装に、白髪のかつら、白いヒゲをつけた
管理人こイカのダンナ。

クリスマスプレゼント 贈り方

そーっと窓から侵入成功!

友人Eからあずかっておいた、Cちゃんへの
プレゼント、プリキュアなんちゃらの手提げ袋を
枕元に置き、クッキーとミルクをパクパク。

外に出して冷やしておいた、
Cちゃんへのクリスマスカード
を添えます。



部屋から出て窓の外に赤い衣装が少し
見える感じで、じっと待機。

待つこと数分。

部屋の障子が開いて、Cちゃんが
お風呂からあがってきました。



「? ……っ! あ!」

窓の外の赤い服をみつけて
Cちゃんが声をあげます!

と当時に、こイカだんな、ダッシュ!



ガラガラ!!

Cちゃんが、
「サンタさん!!」

呼びかけながら窓を開けたときには、
すでにこイカだんなは家の角を
曲がったところでした。

「C、風邪ひくから、窓しめなさい」
と、友人Eのいささか芝居がかった声が
後ろから聞こえます。



翌日聞いた話によると、Cちゃんは大興奮!

サンタさんやった!サンタさんやった!
 赤か服の見えた!

と飛び跳ねていたそうです!

やった~! 大成功!! ヽ(*´∀`)ノワーィ



Cちゃんへのクリスマスカード


さて、Cちゃんへのクリスマスカードですが。

カード
フィンランド語で、

メリークリスマス!!
クッキーとミルク有り難う。

と書いてあります。



当時は翻訳サイトで調べたものを、見よう
見まねで、色つきの画用紙に、手書きで
こイカが書きました。

ここで市販のクリスマスカードとかを
使わないのがコツです!

だって日本語の書いたクリスマスカードを、
フィンランド人のサンタが使うはずが
ありませんから。



その現物を今回記事にしようと友人Eに
探してもらったのですが、
どうやらCちゃんが大事に持っているらしく。

保管場所をたずねても、

ないしょ!
 大事にCが持っとると!!


と教えてくれなかったそうで。



くぅ~!
サンタ冥利につきるなぁ~! o(≧〜≦)o

今回の画像は新たにネットで調べた
ものになりましたw

当時は、はじめて見るフィンランド語に
びっくり
したCちゃん、

「お母さん、なんて書いてあると?」



友人Eがネットで調べるフリをして、

「なになに? ふむふむ。

 『メリークリスマス、
 クッキーとミルク有り難う』

 って書いてあるみたいよ」

とやったそうですw



あぁ~、その光景、見たかったなぁ!

そしてクリスマスには、毎年サンタに


その後の忘年会で、友人たちにその話を
して聞かせると、

うちも!うちの子供たちにも
来年やって!!


という話になり。



毎年の忘年会会費を免除してもらう、
という条件付きで、現在4軒の子供
たちのサンタになっていますw

それでは、ここで私たちサンタが、
サンタでありつづけるために、
気をつけている方法をまとめます!

【サンタのサプライズ方法】
  • 衣装とかつらは事前に用意
  • でも接近戦はしない。ばれる!
  • 後ろ姿がちらっと見えるくらいに
  • プレゼントの包装紙はなし
  • 領収書はぬいておく
  • カードはフィンランド語で

  • ほかにも、サンタさんへのお礼の
    クッキーやサンドイッチですが。

    「今年は少なめに用意してあげよう!
     ほら、サンタさんってメタボじゃない?」

    と、親たちには言ってもらうことにしました。



    4軒もまわると、こイカだんなはお腹
    いっぱいになっちゃうんですよねぇ!

    窓の外にチラッとでも姿を見せる以上は、
    女がするわけにはいきません


    特に私、お尻とかデッカイのでw

    こればっかりは代わってあげられない
    んですよねぇ~ (´・▽・`; )



    寒い時期なので、4軒まわるのは、
    正直なかなか大変です。

    でも、翌日友人たちに子供たちの
    様子を聞くのは、何ものにも変え
    がたいものがあります!

    サンタさん、来たー!!!!
    と、踊りまくるんですってww



    子供たちのなかでも年長さんは
    今年中学生なので、
    「サンタさんはいない」
    と勘ずいている模様。

    でも、幼稚園の子たちもいるので、
    言わないでいてくれるようです。



    小学生の子たちは、学校で
    サンタさんなんかいないよ、
     親たちが置いてるんだよ

    と言われているみたいですが。

    友人たちの子供同士も
    よく一緒に遊ぶので、



    「だって、サンタさん来たとき、
     パパもママもいたもん!」

    「そうそう!
     私たちが良い子やけんか、
     サンタさんは来てくれると!」


    「ねー! (〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー」

    で落ち着いているようですw



    あなたもお友達数件と協力しあったり、
    おじいちゃんにお願いしたりして、

    子供たちにサプライズプレゼント
    企画してみてはいかがでしょうか?

    都会にお住まいの方は、サンタの代行
    サービスなんかもいろいろとあるようですね。



    我が家は今年のクリスマスも、
    サンタ続行予定です。

    あぁ~、今年こそ雪、降らないかなぁ?

    『トナカイの足跡』
    らしきもの、一度でいいんで
    作ってみたいんですよねぇ!

    サンタさん、今年こそ、クリスマスは
    長崎に雪をお願いします! ( `・∀・´)ノ

    Sponsored Link

    Sponsored Link

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ