妊婦の風邪!薬の影響は?

Sponsored Link
妊婦で怖いのが風邪ですよね、薬は制限されるって聞くし。

もしお腹の赤ちゃんに影響してしまったら!?と不安になります。

実は昨日熱が出まして (;^-^A

夕方おかしいなぁ、くらくらする。
と思って測ったら38度5分

体温計
私の場合は今朝方にはもう平熱に戻ってたんですが、
今後のこともあるので妊婦が風邪ひいた際の薬の影響
について調べてみました。

同じような症状の妊婦さんや旦那さんの
不安が少しでも解消できるよう、シェアしたいと思います。


Sponsored Link


風邪なの?インフル?こんな症状なら病院へ!


私は夕方から夜中にかけて熱が上がったので、
朝になっても下がらなかったら病院に行こう、
薬を出してもらえなくても何かしてくれるだろう、と思ってました。

でもこのブログを読んでくれてるあなた、
下にあげる症状があるようなら、病院に行った方がいいと思います。

または旦那さんがこれを読んでいたら、
すぐ救急車呼んでください。

  • 40度以上の熱がある
  • 激しい腹痛を伴い、お腹が張っている
  • 破水、または大量出血した
  • 意識が混濁している
  • けいれんを起こしている


特に最初にあげた40度以上まで急に発熱した場合は、
インフルエンザの可能性がありますので、病院へ。

これらのはっきりした症状が出ていれば、救急車なり
救急外来へ連れて行くなどやることが決まっていますよね。



私も相方にはもしも私がこうなったら、
病院に連れて行って、と伝えてあります。

逆に不安なのが、ここまで行かないくらいの
風邪の症状があるときですよね。

最優先は妊婦の体力


1番に考えるべきは、妊婦の体力です。

だから、たとえ熱がそれほど高くないときでも例外があります。

経口食塩水(もしくはポカリなど)を飲ませてもつわりですぐに吐いてしまう場合、
怖いのは脱水症状です。


7
点滴をしてもらうだけで随分楽になりますから、
こういった場合も病院に行きましょう

お母さんの体力の低下は赤ちゃんによくありません。

でも上記以外のゆるやかな症状で熱が下がるようであれば、
まずは自宅で様子をみて、折をみて産婦人科に相談、
という選択もあると思います。



病院で3時間以上待たされたあげく、すぐに診療は終わり、
「妊婦に薬は出さない、ネギ巻いて寝てなさい」と言われて
体力を無駄に消耗した!という友人の昔話もありますから (;^-^A



妊婦が風邪をひいたら薬は?


もちろん妊婦に薬を出さないというのは昔の話で、
現在では妊婦さんでも服用できる風邪薬が処方されます。

ただ、気をつけたいのは薬が胎児に影響しやすい、
器官形成される期間は妊娠4週から12週
だと言われています。



自分が妊娠してどのくらいなのか、不妊治療などで
投薬を受けている場合はどんな薬を服用しているのか、
お医者さんにしっかり伝えましょう。

そうした連絡の手間を考えると、内科よりも、
カルテがある行き着けの産婦人科を受診したいですね。



もし妊娠に気付かず薬を服用してしまったら?


一方で、市販されている風邪薬を妊娠に気付かず
買って飲んでしまった場合。

一般的には「市販されている風邪薬は、妊娠に気付かないで
飲んでしまう妊婦さんもいることを考えてやさしく作られている」
と言われています。



私の友人も妊娠に気付かずに薬を飲んでしまったそうです。
3人目だったせいか、本人はドンと構えていました。

「飲んでしまったものは仕方ないよ、だって知らなかったんだもん!
いちいちそんなの気に病むよりも、影響なかったから妊娠分かる
くらい大きくなれたんだよね
、って思うことにした」



うん、なるほど、一理あるかも。

実際、その時の子は4,000g超で産まれてきましたし。(しかも女児!)
さすが母は強し! ( ´∀`)ノ

ゆったりと大らかに過ごした方が赤ちゃんに
とっても良いのかもしれませんね。



Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ