妊娠中の食事!食べてはいけないものリストはコレ!後編


妊婦が食べてはいけないものリスト、前編につづき、後編です。

食品のなかには、ジャンクフードやインスタント、トランス脂肪酸などなど、はっきりと、

「これは食べちゃダメ!」

っていうのが分かる食品はまだいいですよね。



でも、グレーゾーンだと分かりにくい!
(´・▽・`; )

そこで、ひとつひとつの食品について、食べてはいけない理由もあわせてご紹介していきますね~♪

Sponsored Link



生牡蠣


近年では水質の浄化によって、生牡蠣のノロウイルスによる汚染は減ってきます。

なので普通の人が食べてあたる可能性が、だいぶ減ってきたといわれています。

しかし妊娠中は免疫力が極端に低下しています。

通常ではなんともない人でも注意が必要なんです。



食中毒になると下痢をします。

下痢によって子宮が収縮し、早産の原因になることもあるんです。


でも、充分に加熱することでノロウィルスの感染は防ぐことができます。

海のミルクと言われ、亜鉛も豊富な牡蠣は、積極的に摂っていきたい食品ですね。




生肉、明太子など


妊娠中、通常よりも20倍も感染しやすくなる菌があります。

それがリステリア菌です。

妊婦がリステリア菌に感染してリステリア症になってしまうと。。。


胎児が死産したり、髄膜炎や敗血症を患ったり、早産する危険性があります。

リステリア菌は生のお肉や魚、牛乳に存在しています。

具体的には、

  • 生ハム
  • スモークサーモンなどの燻製魚介類
  • ネギトロ
  • 魚卵製品(明太子、筋子、いくら、たらこ)
  • ナチュラルチーズ(加熱していないチーズ)
  • 殺菌していない牛乳

特に平成21年度の食品安全確保総合調査では、これだけの食品がリステリア菌に汚染されていることがわかっています。

  • スモークサーモン:11.1-27.8%
  • ネギトロ:14.3%
  • 魚卵:10.4%

妊娠中の食事食べてはいけないネギトロ

異常な汚染ぶりですよね。

食材そのものにも含まれてはいますが。

工場での作業工程による二次汚染も疑われています。

同じ生ハムでもパルマ産生ハムなどのD.O.P(保護指定原産地表示)認定を受けているものはエサの衛生管理もされていて安心、といわれてるんですが。



しかし、これだけ食品偽装が疑われている現代。

販売業者の表示を信用して食べて自分の子供が髄膜炎にかかってしまっても・・・

責任を追及したところで子供の病気が治るわけではありません



私は妊娠中は食べないようにしたいと思います。

特に生肉や生ハムは寄生虫「トキソプラズマ」に感染してトキソプラズマ症にかかる危険性がありますから避けたいです。

大好物なんですけどね (´ ;ω;`)



お家で料理を作る際には、お肉や魚を充分に加熱することはもちろんですが。

お肉を切ったあとのまな板や包丁で野菜を切らない

完成した料理に生肉を近づけない、といった注意も必要ですね。



また、生野菜にも含まれているため、調理する前は特にしっかりと流水で洗いましょう。

※ 生野菜の農薬を除去する調理法の記事はこちら



カット野菜は洗浄する際には洗浄剤が使われているので、なおさら気をつけて食べるようにしたいと思います。

さらに、出産後も乳幼児期に感染してしまうと、髄膜炎や敗血症等、重篤な症状に陥ることも。

致死率も 20-30%と非常に高いので特に注意です。




Sponsored Link


レバー、うなぎ



ビタミンA(レチノールとも言います)を含む食材ですね。

妊娠初期(12週頃まで)にビタミンAを「毎日」20,000IU以上摂取した場合

ある種の先天異常の確率が上がるという調査結果があります。



そのため厚生労働省では、1日あたりのビタミンA摂取量を5,000IU以内にするように指導しています。

5,000IUは、レバーだと60gくらい、うなぎでいうと100gです。



ビタミンAは妊娠初期には控えたほうがよく、逆に妊娠後期には積極的に摂るべき栄養素といわれています。

どっちだったっけ!?

と、スーパーの鮮魚売り場の前でこんがらがるあまり、うっかりアナゴ買っちゃいそうですよね! (´・ω・`;)



そこで便利なのがベータカロテンです。

ベータカロテンは不足した時だけ体内でビタミンAに変化してくれます。

ベータカロテンはニンジンやほうれん草に多く含まれていますから、妊娠後期には積極的に摂りたい野菜ですね。



まだあった!あの緑黄色野菜も、海藻も!?



ここからは、一般的には日本ではあまり知られていない、でも世界的には有名な、

『妊婦が食べてはいけない食品』をご紹介していきますね~! ( `・∀・´)ノ



パセリ




日本ではあまり知られていませんが、イタリア人は妊娠するとイタリアンパセリを食べません

ロシアでは「流産したいときにパセリを食べる」と言うくらいだそうです。



しかし、欧米と違って日本では、パセリは天ぷらなどしない限り、大量に摂取することはあまりない野菜です。

ダンナさんが日本パセリ普及協会会長です、とかなら別かもしれませんが。

パスタなどにぱらぱら振り掛ける程度なら、あまり神経質になる必要はないかもしれませんね。



ひじき



ひじきは海藻のなかで唯一、食べてはいけない食材に入ります。

それはヒ素が含まれているからです。

ヒ素は国産のものでも、外国産のものでも含まれています。



フランスでは、妊婦がひじきを食べることを禁じています

ですが、日本とは調理の仕方が異なります。

日本では調理法さえ間違わなければ積極的に摂りたい食材です。



それでは、ひじきをどう調理するのが正しいのか? 

一緒にみていきましょう!

まず缶詰は全面的に信用できないので私は食べません 汗



乾燥ひじきを使うのが大前提です。

乾燥ひじきは、そのままの状態では妊婦に有害とされる無機ヒ素を、63.1mg/kgも含んでいます。

ひいぃぃぃ~っ!!(;゚Д゚)!



ところが江東区保健所の調査によると、

1時間水戻しすると、その68%が水に溶け出し。

その後5分間茹でると4%しか残存しない
ことが分かりました。

そこで!

ひじきは1時間以上水で戻ししたあと、
その水を捨てて、新しい水で5分以上茹でる



すると、ひじきはわかめのヒ素含有量よりも低くなります。

より安全に食べることができますね♪



この下処理をしないレシピがネットでも妊婦におすすめのレシピとして紹介されていたりしますが、絶対に食べてはいけません

正しい調理法でお腹の赤ちゃんの健康を守りましょう!




まとめ




妊娠中の食事、食べてはいけないものについて書いてきましたが、いかがでしたか?

大事な時期ですから、妊娠中は特にナーバスになっちゃいますよね (´・▽・`; )



ネットでよく目にするのが、

「知らずにこんなの食べちゃいましたが、赤ちゃんへ影響ないでしょうか?」

という質問です。

その気持ち、痛いほど分かります!



自分が食べたもので、もしもお腹の子が‥って想像しただけで夜も眠れませんよね。

でも、こればっかりは千差万別、としか言えないんです。



同じ物を食べても、影響がある子もいれば、元気で生まれてくる子もいます。

不安に思って、お腹が張っちゃったりするよりも、「大丈夫!」とでーんと構えてあげた方が、ずっと赤ちゃんの環境はいいですよね?



そう思ったところで、なかなか落ち着くことは難しいかもしれませんが。
(´∇`;)

でも、ぜひ赤ちゃんの力を信じてあげてほしいと思います。



頑張ってくださいね、赤ちゃんのためにも。

応援しています (。・∀・)ノ゛

妊婦さんは前回の記事も参考にしていただけると嬉しいです。

※ 妊娠中の食事!食べてはいけないものリストはコレ!前編


Sponsored Link

4 Responses to “妊娠中の食事!食べてはいけないものリストはコレ!後編”

  1. ピコにゃん より:

    お世話になります!いつも赤ちゃんのために頑張ってください!私の母のお腹の赤ちゃんがお腹の中で喜んでます!





    ^ – ^

    • こイカ こイカ より:

      >ピコにゃんさん

      はじめまして!
      コメント有難うございます^^

      >私の母のお腹の赤ちゃんお腹の中で喜んでます!
      ということは、ピコにゃんさんの妹さんか、
      弟さんってことですね?

      おめでとうございます~ヽ(*´∀`)ノ

      赤ちゃんのためにこの記事を読みに
      来てくれたんですか?

      なんて頼もしくて優しいお姉さんなんでしょう~っ!

      ピコにゃんさん家に生まれてくる
      妹さんか弟さんは、とっても幸せですねぇ!

      下に兄弟が生まれてしまうと、お母さんは
      どうしてもそっちにかかりっきりになっちゃいます。

      でも、ピコにゃんさんが小さいときは、その何倍も
      手をかけてくれてたんですよ。

      「なによ、妹(弟)ばっかり!」と思ってしまう
      こともあるかもしれませんが、そんなときは
      この話を思い出してくださいね♪

  2. マチムラ より:

    こイカさん、はじめまして。
    現在妊娠4カ月の妊婦です。

    もともとたらこや、明太子が好きで、たまたま福岡のお土産にいただいたんですが、食べていいかわからず検索していてこちらにたどり着きました。

    たらこそのものだけではなく、工場の衛星状態が関係するなんて!

    こイカさんが教えてくれなかったら絶対知りませんでした。こイカさん、有難うございます!

    今回はぐっと我慢して、明太子は家族に食べてもらうことにします。

    明太子以外にも、こんなに食べてはいけないものがあるって知りませんてした。

    とくにひじきはたべなきゃと思って無理やり食べました、
    スーパーのお惣菜コーナーの煮たやつとかですけど、やっぱりよくないですかね?

    お忙しい思いますので、いつでもいいんでご指南ください。

    ほかの記事もツボでブックマークしました。

    有難うございます!

    • こイカ こイカ より:

      >マチムラさん

      はじめまして^^

      うわぁ~、福岡の明太子、美味しいのに
      残念ですねぇ~っ!(T▽T)

      >とくにひじきはたべなきゃと思って無理やり食べました、
      >スーパーのお惣菜コーナーの煮たやつとかですけど、
      >やっぱりよくないですかね?

      うーん、そうですねぇ。。。

      お惣菜の調理の方がどんな調理方法されてるのか、
      知る方法があればいいんですけどねぇ(´▽`; )

      実際には横にずーっとついて見ているわけにもいかずw



      私はやっぱり手間がかかっても手作りした方が
      安心できちゃうんですよね。

      ブックマーク有り難うございます!

      また遊びに来てくださいね~♬

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ