RSウィルスの症状と潜伏期間は?対処法ってどうしたらいいの!?


甥がRSウィルスにかかっちゃいました!

風邪で保育園を休んだんで、
うちに預かっているあいだに、

ぜいぜい言ってたのが、
ひどくなってきて。。。慌てて病院へ!

「もうすこし遅かったら、
 細気管支炎になる危険もありましたよ」



とお医者さんに言われたときは、全身から
血の気がひきました!o(iДi)o

最初は親たちもRSウィルスだってわからず、
風邪だと思いこんでたんです。



さいわい、今はなんとか治って、
ぴんぴん駆け回ってますが。

ちゃんと知っておかないと、
RSウィルスって怖い病気だったんです!!


Sponsored Link


RSウィルス感染症ってなに?



RSウィルス感染症とは、
RSウィルスによる乳幼児の
呼吸器感染症のことです。

秋から冬にかけて流行します。

乳児の半数以上が1歳までに、
ほぼ100%が2歳までに感染する、
意外と身近な感染症なんですね。



ウィルスの中でも、比較的弱くて、
55度以上の熱や消毒で防げるといわれいます。

そんな弱いウィルスですが、
2014年には患者数が過去最多に達しました。

なめたら、アカン!ヾ(`ω´*)ノ”
っていうことですね。



とくに

小児のうちは重症化

するケースが多いので、
注意が必要なんです。



RSウィルスは、ぜんそくになる危険性が
非常に高い
ので注意が必要です。

じつは私、小さい頃はぜんそく持ちで、
とってもつらかった記憶があります。



あんなつらい経験を、絶対に
ほかにはさせたくありません。

そのためには、RSウィルスについて
しっかりとした知識を得て、
子供を守ってあげないといけないですよね。



このブログを読んでくれてるあなたも、
私と一緒にしっかりと学びましょう!

このブログでわかることは、
つぎのとおりです。

  • RSウィルスの症状

  • RSウィルスの潜伏期間

  • RSウィルスの対処法


RSウィルスの潜伏期間は?



RSウィルスの潜伏期は、
4〜5日
あります。

ということは、

親がRSウィルスに感染していると
気づかずに、保育園や幼稚園に
通わせてしまう
ことがある。

ってことなんですよねぇ~(´Д`|||)



RSウィルスの症状とは?



RSウィルスの症状は、
つぎのとおりです。

  • 鼻汁
  • せき
  • 発熱
  • 頭痛


このあと患者さんの約3割において、
炎症が下の気道まで波及します。

結果として、気管支炎や細気管支炎を発症します。

気管支炎や、細気管支炎の
症状としては、つぎのとおりです。

  • 咳の増強
  • 息をする時にぜいぜいする
  • 多呼吸

患者さんの1〜3%が重症化し、
入院治療
を受けます。

また、心肺に基礎疾患がある小児は
重症化しやすい
とされますが、
通常は数日から1週間で快方へと向かいます。


Sponsored Link


RSウィルスの治療法は?



RSウィルスは対症療法が主体になります。

残念ながら、RSウィルスに、
特効薬というものはないんですよね(´ ;ω;`)

対症療法としては、
つぎのとおりです。

  • 発熱には、冷却と解熱
  • ぜいぜいする呼吸器症状には、鎮咳去痰薬(ちんぜいきょたんやく)や、
    気管支拡張薬(きかんしかくちょうやく)を投薬
  • 合併症が疑われる場合は、抗生剤
  • 乳幼児でミルクの飲みが悪い場合は、輸液
  • 呼吸状態が悪くなると、人工呼吸器

※ 余談ですが
RSウィルス自体に効果があるといわれている、
リバビリンという薬は日本では使用が認められていません。

自宅療法の場合は?

特効薬がないということで、
重症でないときは、自宅で
治療する場合も多いと思いますが。

脱水気味になると痰が粘り、
吐きずらくなります。

水分補給はしっかり
するようにしましょう。


 

RSウィルスの予防法は?



RSウィルスの予防法についてみていくまえに、
とっても大事なことを話します。

でも、じつは予防って、お子さんだけが
やっても意味ないんです。

夜遅く帰ってくるパパさんとか、
たまにくるおじいちゃん、おばあちゃんにも、
家に入る人は全員やりましょう!



自分は子供と接触しないから、とか。
私には抵抗力があるから、とかで、
おこたってしまわないようにしましょう~!

それでは、いよいよRSウィルスの
具体的な予防法についてみていきましょう。



  • 手洗いの徹底
  • マスクの着用
  • 親が風邪気味かも、と思ったら寝室を分ける
  • しっかり消毒


1歳以下の乳児には、いかに
感染させないかが重要なポイントです。

RSウィルスが流行する、秋から冬にかけて
以下の場所に行くのを避けましょう。

  • 受動喫煙の環境
  • 人の出入りが多い場所
  • 保育所の利用


たばこの副流煙は有害で、子供の軌道を
刺激するので咳が悪化したり、
ぜいぜいしたりしてしまいます(´・ω・`;)

RSウィルスは目や鼻、
口などの粘膜から感染していきます。

小さい子どもなんでも置いてあるものを
何でも口に入れたがるので、
身の回りのものをこまめに消毒しておきましょう。

つぎの症状をお持ちのお子さんは、
RSウィルスに感染した場合、
悪化する危険性があるといわれています。

  • 心臓に疾患がある
  • ダウン症である
  • 低体重の出生児

とくに注意が必要ということですね。

うちの子も2,200gで生まれたので、
乳児期は本当にいろんな感染症に注意していました。



さいごに



それでは、RSウィルスで私が知りたかったこと、
すべてまとめます

【RSウィルスの特徴】
  • 55度以上の熱や消毒で防げる
  • 潜伏期は4〜5日
  • 小児のうちは重症化する危険



これからRSウィルスが流行する
季節がやってきます。

正しい知識を持って、
この冬を乗り切りましょう!!



Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ