糖尿病の女性ならではの初期症状!その意外な原因は?


糖尿病の自覚症状、初期に現れる女性特有のものって知ってます?

糖尿病の祖母の話を聞いてみると、とても興味深いことがわかりました。

糖尿病って発症すると、女性特有の初期症状がでるんです。

そしてその原因については、更年期が気になる40代後半や50代の女性の方は特に必見です!!

Sponsored Link



糖尿病の自覚症状とは?


糖尿病の自覚症状としては、

レ点喉がやたらと渇いて水がほしくなる
レ点おしっこにいく回数が増える
レ点食べても食べてもお腹がすく
レ点虫歯がひどくなる
レ点手足がしびれる

というのが一般的ですよね。



うーん、これってあまりに日常的で、自分でも分かりにくいものばっかりじゃないですか? 

(;^_^)A

でもこれに加えて、女性には、特有の初期症状があるんです。

それは、

デリケートゾーンのかゆみ

なんです。



祖母は最初、お風呂に入ったときに洗い残しがあったかも?

と疑って丁寧に洗っていたそうです。

でも一向に収まらず・・・

あとでわかったことですが。

あまり石けんやボディシャンプーで洗いすぎると、乾燥してしまい、かえって悪循環だそうです (;▽;)

糖尿病の症状で女性特有の石けんにかかわるものとは?


困って産婦人科を訪ねたところ、別に炎症などは起こしていないと言われ。

そのときは塗り薬を出されて終わっていました。

一時的にかゆみは収まったものの、原因がわからないままだったんですよね。



ところが、糖尿病でお世話になっているお医者様に、何気に話をしたところ。

デリケートゾーンのかゆみは、
女性特有の糖尿病の初期症状

ですよ、と言われたんです。

そうやって男性のお医者さんに向かって何気に話ができちゃうところ。

うちの祖母ならではの豪傑ぶりだなぁ、と思いますが 
(;^_^)A



どうして女性はデリケートゾーンがかゆくなるの?


それでは、どうして女性はデリケートゾーンがかゆくなってしまうんでしょう。 
(゚∀゚)?

それには糖尿病という病気がどんな病気か?

ということを考えることからはじめましょう。

食事をしたあと、血液の中にブドウ糖が流れ出します。

これが血糖値があがった状態

健康な人であれば、肝臓でインスリンというホルモンが作られ

血中のブドウ糖を細胞の中へと運んでくれます。



ところが、何かの原因で肝臓の働きが弱くなったり。

血管に脂肪が付いていたり、脂肪細胞が多い
と、それがうまくいかなくなります。

インスリンがちゃんと作られなかったり、細胞のなかのブドウ糖をとりこむ組織(インスリン受容体といいます)が減ったりするんです。

すると、本来ならば細胞に取り込まれて、燃料となるはずのブドウ糖が、使われないまま血中に残った状態になります。


使われなかったブドウ糖は、結局は尿となって排出されます。

これが糖尿病です。



血管には栄養がたっぷりあるのに、細胞にはそれが届かず、栄養不足の状態なんです。

すると、細胞が死に、血管が硬くなり、末端の血管が死んでいきます。

血行不良と栄養不足は『かゆみ』の2大原因ですから

女性特有の粘膜であるデリケートゾーンにかゆみが現れるのです。


Sponsored Link



更年期の女性は糖尿病になりやすい?


先ほど糖尿病の原因について、

何かの原因で肝臓の働きが弱くなったり、血管に脂肪が付いていたり。

脂肪細胞が多いと、うまくいかなくなります。と書きました。



実は、肝臓の働きを弱くしたり、脂肪が多くなる原因のひとつが更年期障害なんです。

更年期障害とは、卵巣の働きが弱くなって、エストロゲンというホルモンの量が少なくなり、ホルモンバランスが乱れることでおこります。



更年期障害は一般的には

  • 顔がほてる
  • 汗をかきやすい
  • 腰や手足が冷えやすい
  • 息切れ、動悸がする
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 怒りやすく、イライラする
  • くよくよしたり、憂うつになる
  • 頭痛、めまい、吐き気がよくある
  • 疲れやすい
  • 肩こり、腰痛、手足の痛みがある

といった症状が知られていますよね。



これらの多くは、エストロゲンが少なくなることによって起こります。

でも、エストロゲンって実はとても大切な役割があったんです。

それは、肝臓へ悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が取り込まれる量を増やしてあげるという働きです。




更年期障害によってエストロゲンが
減少すると、肝臓は脂肪をため込み
やすくなってしまうんです。

女性特有の、意外な原因があったんですね。




おわりに


それでは、今日お話したことをざっとまとめてみますね ( `・∀・´)ノ

  • 糖尿病の初期症状には、
    女性特有の陰部のかゆみがある

  • 糖尿病の原因が更年期障害であるケースも

これまで管理人は、糖尿病を改善するには、生活習慣病という面から、食事療法や運動療法をおススメしてきました。

ですが、更年期障害に苦しむ女性は、ホルモン治療などで改善される場合もあるようです。

まずはお医者さまと相談されて、より最善の方法を探してみてはいかがでしょう?



うちの祖母も更年期障害ではだいぶ苦しみ、子宮全摘しています。

もうそのイラつきぶりはすさまじく、私などいつも当たられていたものですw

それが糖尿病の発症時期とちょうど重なっていました。




まぁ、祖母の場合、当時は晩酌に焼酎を3合は飲む酒豪でしたから。

酔っぱらったらアイスキャンディーを2本たいらげる、という食べすぎでもありw

糖尿病になるのも当然!

というかんじもしなくはないです (;´ ▽ `)A



それでも食生活の改善と運動療法で、83歳になった今もぴんぴんして、毎日畑に海にと忙しくしています。

その体験をもとに糖尿病の対策について書いていますので、こちらの記事もよかったら、ぜひ (^▽^)ノ

※ 糖尿病とは何?わかりやすく解説!簡単にできる対策とは?

※ 糖尿病への対策!GI値の低い食品一覧とは?食べ方は?

あなたの糖尿病の症状がすこしでも改善されること、お祈りしています!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ