長崎の観光おすすめ、じゃな~い!スポットもちゃんと紹介!

Sponsored Link

今回は、長崎の観光スポット紹介の、
ほんのおまけとして、ちょっとポソリ、
おすすめ、じゃない!』ところもつぶやきますw

長崎の観光スポットはいろいろありますが、
けっして100%の気持ちでおすすめ
できる所ばかりじゃあ、ないんです (^^;)



じげもんの私からみても、
「なんで観光客の人たちは、あんな
ただの○○』を
 わざわざ遠くから見に来らすとやろか?」

と思う観光スポットが多々存在するんです(´・▽・`; )



あ、あくまでも、いつも自分が生活して、
近くを通ったり、見たりしている。

そんな観光地について、私なりの私見を、
ぽつりとつぶやいている。

ただそれだけですからね!
誤解のないように、お願いしますねw



それに、なんだかんだ言ったって、
こんだけ長崎を愛してるじげもん、
こイカですから! 

ツッコミ入れながらも、それぞれが
見どころになる時期のご紹介もきっちりしますよぅ!



Sponsored Link


オランダ坂


これはもう俗に『日本三大がっかりスポット』
なんて言われてるそうなので、有名ですよね。

もう、ただの石畳の坂

として、私は学生時代、
ただ下って、上ってましたw



学校に通いだした当初は、
あまりに観光客の方が多く。

記念撮影のカメラ係を頼まれるのが、
すごく奇妙でしたw



景色はいいですよ、グラバー園近くの
西洋風建築が立ち並んでますし、
海が見えますから。

異国情緒、といえば言えないことも、
ないです。ハイ、確かに。



でも、正直に言います。

それだったら、グラバー園に行ったほうが、
ずっと異国情緒を感じることができます!

あぁぁ、カミングアウトしてしまいました~。

でも、これくらい言っても、オランダ坂に
来てくれる方なら、大きく期待しすぎない分、
楽しんでもらえるんじゃないでしょうか?



ただし!雨が降っているオランダ坂だけは、
まるっきり別物になります。

それがもし梅雨どきとかで、あじさいでも
咲いていた日にゃ!

20100715233642f5f
これほど雨が似合う観光地も、
珍しいのではないでしょうか?



Sponsored Link


出島


昔、鎖国の時代に出島があったところに、
2006年、復元されました。

じつはまだ復元作業は進行中で、
2016年にはさらに6棟が完成予定、
まだ完全復元ではないんです。

だから、というわけではないんですが。



いま出島の上に建っている建物は、
最近建てられたレプリカなんです。

当時の建物が残っていた、とこでは
ないんですよね、残念なことに (;´ ▽ `)A

それでも、以前おなじところに建っていた
15分の1の、ミニ出島よりは何倍もましなんですよ!



出島に建っている商館などの建物は、
ひとつひとつが博物館みたいになっていて、
歴史の勉強にはもってこいです。

ですが、ねぇ。

どうしても、レプリカ感がぬぐえず…。



それよりも、出島は別の楽しみ方をおススメします。

一度、出島の外に出て、外観を眺めてほしいんです。



あぁ~、今はもう埋め立てられちゃってるけど、
ここは昔は周りは海で、本当に『出島』に
なってたんだよなぁ、とか。

扇のかたちなのは、3代将軍家光が、
自分が持っていた扇をひろげて、
こんな形にしなさいって言ったって本当かな?とか。



文献では、遊女とか通詞(通訳)さん以外は
出入りが制限されてた、って書いてあるけど。

わりと長崎の子供たちは『オランダさん』と呼んで、
外国の方々と交流持ってたんだよなぁ~、とか。

これ、私の家に伝わる話ですから、
本当です、たぶんw



江戸時代は、ここが日本の玄関口だったんだ!

海には色とりどりの国旗をはためかせた
商船が、何艇も停泊してたんだろうか?

なーんて、想像する方が、
ずっと異国ロマンを感じます。 d( ̄▽ ̄*)



眼鏡橋


眼鏡橋は、日本初の石造りのアーチ橋です。
確かにスゴイですよね、2連アーチ橋ですし。

ですが、地元長崎に暮らす者にとっては、
もう、普通に、『橋』なんです。

うーん、確かにスゴイとは思うんですけどねぇ!



特別に美しい!と思ったこと、正直
ないんですよねぇ。

見慣れているからでしょうか?
贅沢なのかな?

でも、話題はいろいろあるんですよ!



カップル2人で触ったら幸せになれる
と言われるハートストーンとか。

石橋から橋げたに向かって小銭を投げて、
橋げたに乗る
ようなら、良いことがある、とか。

「どこの観光協会の人が考えらしたとやろか?」
とツッコミをいれたくなる話題が…。



とここまで思い出して、ありました!

眼鏡橋が、とりわけ美しくなる瞬間が!

2015年(平成27年)は、2月19日(木)から
3月5日(木)まで開催される、長崎の冬の
一大イベント、ランタンフェスティバル
です。



川面に鳥や睡蓮のオブジェが浮かんで、
川沿いの道にはランタンが飾られます。

それはそれは、幻想的で美しいんですよ~!

ランタンフェスタのメイン会場は
新地の港公園なので、寒いなかを歩くと
10分以上かかりますが。

それでも歩く価値ありますよ!!



港公園から、眼鏡橋までは、
浜の町アーケードの観光通という
一番の繁華街を抜けていきます。

ランタンフェスタ開催中はずーっと
ランタンが飾られていて、観光通には
地元の人々の手作りランタンもあります。

これが結構クオリティ高いものもあって!



楽しく歩いていただけると思いまっす!





まだあった、眼鏡橋の見どころ!


眼鏡橋がもっとも美しく映える時期、
それは『おくんち』直前の9月です。

なぜか?

朝と夕、おくんちの踊り町のみなさんが、
体力作りのために、走りこみをされるからです。



今年、2014年なら、眼鏡橋の隣町の
銀屋町が鯱太鼓を奉納されます。

この鯱太鼓、鯱の飾り物が乗った
お神輿を、男衆が担ぐんですが。

気合の入った掛け声と共に、
お神輿を思いっきり空に掲げたり。

nagasaki14

この担ぎ手さんたちが、めっちゃくちゃ
勇壮で、かっこいいんですが。

本番になると、黄色い声援に囲まれて、
常人ではとってもじゃないけど
近づけない雰囲気!



それが、眼鏡橋なら、走ってる男衆さんたちを
間近に見ることができるんです!

もう、ジムなんかで鍛えたんじゃない、
450kgもの鯱太鼓を担ぐ、
天然ものの筋肉ですから。

美しさが違います!みとれーちゃいます(^^)



ちなみに、こちらが銀屋町の皆さんの、
鯱太鼓の勇姿です。






映像は平成19年のものです。

おくんちって、例外もありますが、基本
7年に1回しか見られないんですよね。

今年見逃すと、もう7年後まで見られません!
2014年のおくんちは、10月7日(火)、8日(水)、
9日(木)の3日間です。

男衆さんたちの走る姿がみられる!
(開催中は遅いかも?)
眼鏡橋とあわせて、ぜひ! ( `・∀・´)ノ



おわりに


今回は長崎の観光地、おすすめじゃない!
スポットをご紹介するつもりだったんですが。

なんだかんだ言って、気がつけば超おすすめ!
しちゃってましたねぇ~ww



普段、身近に観光地と接している、
私たちじげもんですが。

しょぼいと感じている観光スポットにも、
素敵な時期や美しい時期があることを
再確認できました。

あなたも、こちらの記事とあわせて、
長崎観光を楽しんでくださいねぇ~!

※ 長崎観光のおすすめは?じげもんが教える穴場スポットはココ!



Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ